HOME > すべての記事 > 後遺障害について > 交通事故による首の痛み

交通事故による首の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭ってからなんだか首が痛いかも?と思った方は、結構多いのではないでしょうか。その首の痛みはどんな理由から来ているものなのか、また、どんな種類の症状があるのかをまとめたので、該当している方は気をつけてくださいね!

首の痛みは「むち打ち」が多い?


交通事故での怪我ではむち打ちが多いんです。

首が痛い、肩が凝るなどの症状が出ます。

どうせむち打ちだから、と放っておくのではなく、しっかりと処置を受けることがその後の症状の状態を変えます。

一生苦しむ症状もあるので早めに受診しましょう。

むち打ちとは


よく聞くむち打ちは、正式には「外傷性頸部症候群」と言います。

主に正面、側面、後方からの追突によるものが多いです。

正面からだと追突する前に予測することができ、筋肉が緊張して軽いむち打ちで済むことがありますが、側面では角度によっては複雑な損傷を受けることもあります。

また、後方からの追突ではかなりの衝撃を受けてしまいがちで、9割のむち打ちが後方からの追突によるものだそうです。

むち打ちの4つの原因と症状


1.頚部の捻挫

頚部の筋肉や靭帯、関節包の損傷によるものです。首がだるい、頭が重い、頭痛などの症状が出ます。


2.神経根の傷害

神経根とは、脊髄神経から枝分かれし、腕や足に分布する神経の根元のことです。そこを圧迫されたり引っ張られたりすることで、その神経の領域に循環障害が起こるので症状を引き起こしてしまうんです。しびれ、知覚異常、電気が走るような痛みなどが出るので注意してください。


3.自律神経の障害

脳に血液を送る動脈の血流が悪くなり、自律神経が正常に働かなくなるものです。主に頭痛、眼精疲労、耳鳴り、めまい、難聴、集中力の低下などが出ます。


4.骨髄液圧の低下

骨髄液は脳の水分を調節する働きがあるなど、重要な役割を担っています。外傷によって骨髄液を包む膜が破れて漏れ出すことで、頭痛、吐き気、めまい、視力低下、集中力の低下などの症状が出ます。



首が痛いだけ、と思っていては重大な怪我であることを見逃してしまいます。

少しの症状でもしっかりと医師の診察を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\ 交通事故に強い弁護士はこちら /

「後遺障害について」関連記事

交通事故被害の不安を解決したいなら

弁護士法人・響

相談実績は月間1000件以上!

  • 安心の全国対応!

    相談・依頼は全国対応!出張面談も可能です。

  • 弁護士費用特約で無料!

    加入している保険に弁護士費用特約がついていれば、300万円程度まで実質的な負担がありません。

  • 「裁判所基準」で慰謝料請求&増額交渉!

    任意保険基準ではなく裁判所基準で交渉してくれるため、正当な保障と慰謝料を受け取ることが可能です。