HOME > すべての記事 > はじめて交通事故を起こしてしまった! > 交通事故にあった車両の気になる車査定額

交通事故にあった車両の気になる車査定額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故にあった車両を査定に出した場合、どの程度の査定額になるのでしょうか。

交通事故で車両に発生する被害

交通事故というと主に人の負傷や、自動車の故障などが重要な点になってきます。

怪我をして働くことが出来なくなったのであれば休業補償を求める話になりますし、車両が壊れたのであれば修理費用の請求、修理が完了するまでの代車の手配を頼むことになるでしょう。

ただ交通事故によって発生する車両への被害はこうしたことだけではなく、その他にも被害が発生する可能性はあります。
そこで必ずチェックするようにしたいのが「車査定額への影響」なのです。

交通事故による「評価損」

この交通事故によって発生する車査定額への影響こそが、事故による車両の価格減少である評価損です。

たとえば交通事故の被害に遭う前であれば100万円の価値があった車が、事故によってフレームを破損してしまって車査定額が50万円まで落ちてしまったとしましょう。

車査定額は経年劣化などでも変化していくことはあるとはいえ、このケースでは交通事故被害にさえ遭わなければ車査定額はそこまで落ちなかったとして考えられます。

直接自分自身が今支払う必要のある損失として出てきているわけではないのですが、評価損も発生している以上は事故によって発生した損失であると言えるでしょう。

そのためもし査定額が明らかに減少したというようであれば、その点について補償を求めることもできるのです。

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

実際に評価損の補償を請求することは出来ない?

さて、しかしながら補償を求めることが出来ると言っても、これはあくまでも原則的な話でしかありません。
というのも交通事故の補償を行うことになる保険会社にとって、保険金の給付はなるべく少なくしたいものだからです。

事故によって人が怪我をした、車も壊れたからその費用も負担する、そしてそこに、現段階では問題になっていない車査定額への影響もカバーしてほしいと言われると、保険会社としては支払たくないと主張するのが当然なのです。

実際のところ車査定額への影響というのはかなり判断が難しいということもあって、なかなかスムーズには認めてもらえないのです。

そのため話がこじれるのが嫌だというような場合や、評価損が出てもある程度は仕方ないとして受け入れられるようであれば請求しないのも手です。

とはいえ原則的には支払う必要がある部分であるのも確かですから、最悪の場合は少額訴訟を起こして支払を求めることもできるでしょう。
実際のところ少額訴訟を起こしてプラスになるかどうかは状況によりけりですが、評価損が大きい時は訴訟を起こすことも視野に入れるべきです。

交通事故に遭ってしまうとなかなか正しい判断が出来ないことにもなりかねませんから、こういったことは事前にチェックしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

\ 交通事故に強い弁護士はこちら /

「はじめて交通事故を起こしてしまった!」関連記事

交通事故被害の不安を解決したいなら

弁護士法人・響

相談実績は月間1000件以上!

  • 安心の全国対応!

    相談・依頼は全国対応!出張面談も可能です。

  • 弁護士費用特約で無料!

    加入している保険に弁護士費用特約がついていれば、300万円程度まで実質的な負担がありません。

  • 「裁判所基準」で慰謝料請求&増額交渉!

    任意保険基準ではなく裁判所基準で交渉してくれるため、正当な保障と慰謝料を受け取ることが可能です。